トークライブを経て

5月24日、大阪ミナミのロフトプラスワンWESTで、トークライブが行われた。沖田臥竜が人前に出てトークをするのは4年ぶり。決して、本人が望んだものではないが、それでも出演すると決めたのには、理由があった……。
沖田臥竜 2022.05.27
有料限定

 終わってみるとやって良かったと思うのだが、やるまでは嫌で嫌で仕方なかった。TVに出る仕事を断るようになり、トークライブに出演すること自体、4年ぶりだろうか。思えばメディアに露出するようになったのは、6年前のトークライブがきっかけだった。

 そこからTV出演の仕事が来るようになり、徐々に生活環境が変わっていくことになった。それだけにゲスト出演とはいえ、同じ場所で行った今回のトークライブでは感慨深いものがあり、ついついしんみりとしてしまった。

 とにかくあの頃は、がむしゃらだった。

この記事は有料読者限定です

続きは、2314文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
ビジネスマンに決してなれない、人たらしの致命的失態とは
有料限定
道を開くためにー底辺からの下克上
有料限定
コロナコロナで陽がくれて
有料限定
週刊誌ごときと蔑まれるがー
有料限定
過ぎ去りし夏にーここだけの話ー
有料限定
2022年夏ー続けてみて分かること
有料限定
デジタルタトゥー
有料限定
沖田臥竜の生き方ー苦労をプラスにする哲学
有料限定