胡散臭い話しにいつも潜むヤツの名は…

11月27日、南野陽子が、社会福祉法人の資金を着服したとして業務上横領容疑で逮捕された夫との離婚を発表。さらにこの夫の背後には、あるトラブルメーカーの存在も。沖田臥竜もかつてニアミスしたことがある、その胡散臭き男の正体とは?
沖田臥竜 2023.12.05
サポートメンバー限定

 世の中には関わってはならないという人間が存在しており、その男もまたそうした類いの薄汚れたクソまみれな人間であった。

 一時代を築いた人が晩年になって名声を汚すことは特段、珍しくない時代になった。だが、かつて人気を博したアイドルだった女性が歳を重ね、トラブルに巻き込まれてしまった姿をメディアで見聞きすると、しんみりとしてしまうのは気のせいだろうか。

 男の名を仮にTとしよう。Tが絡むと必ずと言って良いほど、揉めて事件になる。そんな人騒がせな男だ。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、2926文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
サポートメンバー限定
ネット民の意見に惑わされない生き残り方
サポートメンバー限定
脚本改変問題から生まれた声に異議を唱えること
サポートメンバー限定
迷宮入りする事件たち①「ある社長の失踪と当局が目をつけたヤクザ組織との...
サポートメンバー限定
作品を生み出す力とそれを世に羽ばたかせてくれる力
読者限定
笑えない「松本人志の孤独な戦い」【特別無料動画】
サポートメンバー限定
文春が文春たる所以と芸能界の体質
読者限定
文春が報じたダウンタウン松本人志問題
サポートメンバー限定
松本人志問題の欠落点【premium会員限定動画】