週刊誌ジャーナリズムの憂鬱【premium会員限定動画】

「週刊文春」が執拗に追及を続けてきた木原誠二官房副長官にまつわる諸問題。特に、文京区変死事件の重要参考人として木原氏の妻に疑いの目を埋められ、木原氏が当局サイドに政治的圧力をかけたという疑惑は大きな注目を浴びたが……その問題が決着する前に、文春自ら、それらの報道の価値を貶めるような迷走をし始めたようだが……これが週刊誌ジャーナリズムなのか?
沖田臥竜 2023.08.23
サポートメンバー限定

この動画は、以下にあるURLにアクセスして、パスワードを入力してご覧ください。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、105文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
読者限定
微笑みの国 ーバンコクー
サポートメンバー限定
有料会員に送るー最新の禁断の裏事情ー
サポートメンバー限定
生きていくことが辛い夜に
サポートメンバー限定
メディアのカテゴリー対する違和感
読者限定
あれからの10年
サポートメンバー限定
モノづくりと人間関係【premium会員限定動画】
読者限定
スクープ記事が自らの衰退を招く―松本人志問題とジャニーズ問題
サポートメンバー限定
打算的ではなく、人のために損する生き方に誇りを