某芸能プロダクションの復権で暗躍する事件師

「リアル・インフォーマ」沖田臥竜による業界裏レポート。今回は、大手プロダクションの内紛とその周辺に暗躍する人物、さらにその人物とリンクする某芸能人と家族に囁かれる黒い噂について言及する。飛ぶ鳥を落とす勢いの若手俳優についての、きな臭い情報も――。
沖田臥竜 2024.06.15
サポートメンバー限定
イメージ

イメージ

 世の中には、自らトラブルを起こすことで金を得ようと画策する人種が存在する。トラブルに首を突っ込み、仲裁するどころか逆にややこしくすることで、金銭を巻き上げようと企む人種も存在する。

 総じて、そういった人種を事件師と呼ぶのだが、ここ最近、類が友を呼ぶとの言葉通り、胡散臭い連中の名前が飛び交っている。

 詳しいことはネタがネタだけに有料会員向けとなるが、某プロダクションの復権に伴い、ある人物の動きも活発化している。

 そんな人物と仲良くつるんでいる芸能人も、息子のことを考えてやれないのだろうか。文春サイドもそうした動きをウォッチしているぞ。ただでさえ息子の方は過去に薬物疑惑が噂され、ようやくそれも払拭され、今ノリに乗っているのではないのか。過去に当局は半年間も動向を取っていたと囁かれていたのだ。

 今、文春筆頭にネガティブなイメージが捲れるのではないかとウォッチされているのだが、文春と聞けば震え上がる芸能人もどうかしてると思うがな。

 また、勢いにのっている某芸能人も薬物疑惑が浮上している。某テレビ局はヤサを割ろうとしているのだぞ。

 話しを戻そう。某事務所である。この事務所には、過去にビジネスにするためと善意で動いたことを無かったことにされた身としては、話しても差し支えないだろう。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、3264文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
読者限定
振り返る日々
読者限定
オレとジョニーときどきフク〜バンコクは40℃にて〜②
読者限定
オレとジョニーときどきフク 〜バンコクは40℃にて〜
読者限定
微笑みの国 ーバンコクー
サポートメンバー限定
有料会員に送るー最新の禁断の裏事情ー
サポートメンバー限定
生きていくことが辛い夜に
サポートメンバー限定
メディアのカテゴリー対する違和感
読者限定
あれからの10年