ある【告発】について 〜男だったらその場で言えよ〜

今、ネット上の一部を賑わせている、ある告発騒動。死刑囚に関する本をまとめた作家が、今になって、それを原作に映画を撮った映画監督に苦言を呈し、糾弾し始めたのだ。このように泥沼化する前から、両者とやりとりしていた沖田臥竜は、この問題をどう見ているのか?
沖田臥竜 2022.05.02
有料限定

数々のウソね…

 人間的に屈折しているのだろう。そういう人間と出会ってしまうとどうなるか。必ず後になってぐずぐずと陰で言い出し、労力を割くことになるのだ。それはそうだろう。そのままでは済まないからだ。

 問題が起きた時点では、本人が逃げ出したり、その場で言い返すことも出来なかったくせに、のちに何らかのタイミングで事実を歪曲して他者を陥れれば、今度はその怒りのボールが相手に渡るだけであって、また、どこかでやり返されるのが世の常である。それは道理であって、一時的なことなど、本来はどうでも良いのだ。結果として、そういうけがある人種と関わり、親身になって問題を解決でもしようと思えば、労力がかかり、こちらがバカを見るのである。

この記事は有料読者限定です

続きは、2893文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
完全プレミアレター「大きな声では言えない話」
有料限定
沖田臥竜、ドラマ『インフォーマ』の舞台裏を語る 最終回【動画】
誰でも
小説『死に体ーDead bodyー』第2話(著・沖田臥竜)
有料限定
沖田臥竜、ドラマ『インフォーマ』の舞台裏を語る Vol.2【動画】
誰でも
沖田臥竜、ドラマ『インフォーマ』の舞台裏を語る Vol.1【動画】
誰でも
小説『死に体ーDead bodyー』第1話(著・沖田臥竜)
読者限定
仕事に変える哲学
有料限定
2023年芸能トピックー燃え盛る篠田麻里子さんの裏側
有料限定