道を開くためにー底辺からの下克上

あなたは、今の人生を「当たり前のもの」として受け入れてないか。「これ以上、道が開けることはないだろ」と諦めていないか。だが、そう思ったら、そこまでだ。
沖田臥竜は言う。「人生はどこからでも変えることができる」。
月並みの言葉かもしれないが、人並みではない自信と経験がその言葉を生んでいるのだ。
人生を変える、道を開く――それは決して他人事ではない。
沖田臥竜 2022.09.17
有料限定

 道を開き切ったかどうか分からない私ゆえ、こうなれば道は拓く!と断言できないのは心苦しくもなくはないが、ただそれは所詮、世間が評価することだ。さほど気にすることではあるまい。

 ただ、しいて言うならば、私の場合、どんなときでもやってきたことがあった。

 それは人生が辛かったり苦しかったりするときこそ、がむしゃらに仕事をして紛らわせてきたということだ。それが結果的に「今」に繋がっているのかもしれない。

この記事は有料読者限定です

続きは、2154文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
ビジネスマンに決してなれない、人たらしの致命的失態とは
有料限定
コロナコロナで陽がくれて
有料限定
週刊誌ごときと蔑まれるがー
有料限定
過ぎ去りし夏にーここだけの話ー
有料限定
2022年夏ー続けてみて分かること
有料限定
デジタルタトゥー
有料限定
沖田臥竜の生き方ー苦労をプラスにする哲学
有料限定
いつでも心にトリガーを
有料限定