忠実に再現された山上の犯行動機

日本の歴史に名を残す名宰相は、なぜ銃撃されなければならなかったのか。
犯人・山上の動機を紐解くと、すぐに遡上に上がったのが、旧統一教会の存在だった。
同団体への恨みから生じた蛮行は、どこまでが計算通りに進んだといえるのだろうか。
沖田臥竜 2022.07.21
有料限定

 ビジネスにおいても日常生活においても、先を読むことは大切なことだろう。それは犯罪においても同様だろう。いや、犯罪を犯す身となれば、それはより一層、鋭利な刃物のように鋭く研ぎ澄まされなければならない感覚かもしれない。

この記事は有料読者限定です

続きは、1913文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
完全プレミアレター「大きな声では言えない話」
有料限定
沖田臥竜、ドラマ『インフォーマ』の舞台裏を語る 最終回【動画】
誰でも
小説『死に体ーDead bodyー』第2話(著・沖田臥竜)
有料限定
沖田臥竜、ドラマ『インフォーマ』の舞台裏を語る Vol.2【動画】
誰でも
沖田臥竜、ドラマ『インフォーマ』の舞台裏を語る Vol.1【動画】
誰でも
小説『死に体ーDead bodyー』第1話(著・沖田臥竜)
読者限定
仕事に変える哲学
有料限定
2023年芸能トピックー燃え盛る篠田麻里子さんの裏側
有料限定