いつでも心にトリガーを

あなたが常に懐の奥に忍ばせているであろう、さまざまな“武器”。
そのトリガーを引く勇気と引かない忍耐力…沖田臥竜が人生を強く生きていくうえで大切と語る、このメタファーが意味するものとは? 
沖田臥竜 2022.08.10
有料限定

 常日頃から昨今のSNSの文化に辟易していたのだが、そういう私とて所詮その文化にどっぷりと浸かってしまっていたのだった。

 実に嘆かわしいことだと、吉田松陰さんならば、こう言ってくれるだろうか…。

温泉で「思う存分、休むぞ!」」と、いきたいものだが……
温泉で「思う存分、休むぞ!」」と、いきたいものだが……

この記事は有料読者限定です

続きは、2364文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
ビジネスマンに決してなれない、人たらしの致命的失態とは
有料限定
道を開くためにー底辺からの下克上
有料限定
コロナコロナで陽がくれて
有料限定
週刊誌ごときと蔑まれるがー
有料限定
過ぎ去りし夏にーここだけの話ー
有料限定
2022年夏ー続けてみて分かること
有料限定
デジタルタトゥー
有料限定
沖田臥竜の生き方ー苦労をプラスにする哲学
有料限定