新入生、新社会人となった人たちへ

この春、新たなステージに立つことになった新入生や新社会人たちへのメッセージ。刑務所での「入学式」を迎えた男が、その後の人生で抱え続けてきた矜持とは? 男らしい生き方とは?
沖田臥竜 2022.04.11
有料限定

 春たけなわである。3月が別れの季節ならば、4月は出会いの季節となるだろう。出会いーそこには新たな新生活や環境の変化が伴ってくるものである。不安もあれば、期待に胸を膨らませることもあるだろう。

 ただ、びくつく必要は何もない。何故ならば、だいたいなんとかなるからだ。

この記事は有料読者限定です

続きは、1739文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
ビジネスマンに決してなれない、人たらしの致命的失態とは
有料限定
道を開くためにー底辺からの下克上
有料限定
コロナコロナで陽がくれて
有料限定
週刊誌ごときと蔑まれるがー
有料限定
過ぎ去りし夏にーここだけの話ー
有料限定
2022年夏ー続けてみて分かること
有料限定
デジタルタトゥー
有料限定
沖田臥竜の生き方ー苦労をプラスにする哲学
有料限定