コロナコロナで陽がくれて

本当に尊い人間とは? 主体的に生きることとは? 身を掛けてでも築くべき人間関係とは?
肩書きや損得よりも、筋を重んじ、闘うことをいとわず生きてきた沖田臥竜だからこそ語れる「究極の人生論」。ある一家とのエピソードからも、それは強く伝わってくる――。
沖田臥竜 2022.09.03
有料限定

 9月に入れば、もう秋ではないか。

 香川照之さんがえらく叩かれている最中に、我々は細々とGACKT案件をやっていたといえば、誰か笑ってくれるだろうか。世の中には、言える話と言えない話というのが確かにあって、お願いされて、セッションの末、闇に葬り、その後、感謝もなく報われないことはごまんとある。例えばだ……すまない。ペンが滑るところであった。

 ここから先は有料会員ではないと読めないところであった。失敬、失敬。

あるプロジェクトのために訪れた漁港。夏の終わりを感じさせる空。
あるプロジェクトのために訪れた漁港。夏の終わりを感じさせる空。

この記事は有料読者限定です

続きは、4077文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
ビジネスマンに決してなれない、人たらしの致命的失態とは
有料限定
道を開くためにー底辺からの下克上
有料限定
週刊誌ごときと蔑まれるがー
有料限定
過ぎ去りし夏にーここだけの話ー
有料限定
2022年夏ー続けてみて分かること
有料限定
デジタルタトゥー
有料限定
沖田臥竜の生き方ー苦労をプラスにする哲学
有料限定
いつでも心にトリガーを
有料限定