SMILE-UP.東山紀之社長が見せたリーダーとしての姿勢

ジャニーズによる解体的出直しが進む中、エージェント機能などを有する新会社の社長に就くことが予定されていたSMILE-UP.東山紀之社長が、社長就任を辞退することが報じられた。相当な覚悟を背負い、批判の矢面に立ちながらも、新会社を牽引していく姿勢を見せていた東山社長を「心変わり」させたものは何だったのか? 過剰すぎるジャニーズバッシングが影響してるのではないだろうか?
沖田臥竜 2023.11.01
サポートメンバー限定

 何度も言うが私は少年隊や光GENJIをテレビで観て育ってきた世代である。だからこそ、SMILE―UP.の東山紀之社長が記者会見で見せた凛とした姿には、第一線でずっと戦ってきた人はやはり違うと思わされた。それは井ノ原快彦副社長にしても同じだ。ジャニーズ叩きに躍起になり翻弄するマスメディアの人間が同じ立場に立たされたなら、2人と同じ対応ができたと思うか。そんな気骨ある人間がいるか。大勢の中で、弱い立場に立たされた人間に対して、批難することなんて誰にでもできるぞ。と言うよりも、それが大の大人のすることか。

 私はこれまで大人になる過程の中で、ジャニーズを特段、応援してきたわけでもファンでもなかった。

 ジャニーズ問題が勃発しても、注目することもなかった。だが、2人の会見での姿を見て、是が非でもジャニーズを応援したくなったのだ。

 それに私は未だに、ジャニーズという名称を下ろさせたことはマスメディアの大失態でしかないと思っているし、そんな節操のないことばかりするから、マスメディアは衰退していくのだと感じさせられている。これまでの関係性を遮断させ、何も考えずに他人事のようにマスコミはジャニーズを叩いて見せたが、あのジャニーズが崩壊させられたのだぞ。

 この風潮を形成し、それが当然のこととなれば、何かあれば今度は自分たちも同じように些細なことから吊しあげられ、崩壊させられないか、となぜ危機感を覚えれないのだろうか。それは他人事だからだ。それが今のジャーナリズムなのである。そんな体質で何かを視聴者や読者に伝えていけると本気で思っているのか。

 そもそもだ。東山社長の法を超えた救済とは、被害者に対する金銭的な保証を莫大に支払うことだったと思うか。違うだろう。当事者のジャニー喜多川氏が亡くなっており、挙句に何十年という歳月が経っていても、道義的な責任をジャニーズは果たそうとしていたのだ。何か言うとああでもないこうでもないと文句しか言わないマスメディアに、それ以上のことができるのなら示して見せて欲しいものである。できないだろう。それ以上のことなどできないだろう。終わりなき論争は、結果、ジャニーズを応援する人々と反対側で不毛な言い争いをSNSを戦場にして繰り広げただけではないか。

 既存のマスコミがそんなことだから、お陰でみんな疲弊したり、振り回されていないか。

 それで結果、何も残らなかった…なんてちゃんちゃらおかしな話である。

この記事はサポートメンバー限定です

続きは、1385文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、サポートメンバー登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちら

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
読者限定
振り返る日々
サポートメンバー限定
某芸能プロダクションの復権で暗躍する事件師
読者限定
オレとジョニーときどきフク〜バンコクは40℃にて〜②
読者限定
オレとジョニーときどきフク 〜バンコクは40℃にて〜
読者限定
微笑みの国 ーバンコクー
サポートメンバー限定
有料会員に送るー最新の禁断の裏事情ー
サポートメンバー限定
生きていくことが辛い夜に
サポートメンバー限定
メディアのカテゴリー対する違和感