チャンスが回ってこないという人のチャンスの掴み方

チャンスはどのように掴むのか?
難しいようで、実はシンプルなこのテーマについて、今一度考えてみよう。
たとえば、物書きになるという夢を掴むために、沖田臥竜はチャンスとどのように巡り会い、そのチャンスをどう生かしてきたのか?
運や人間関係にまかせていてはダメだ。本当に大事なのは――。
沖田臥竜 2022.10.08
有料限定

 身も蓋もないことを言ってしまうと、「チャンスが回ってこない」と嘆いている人間に、チャンスなどが回ってくることはない。

 チャンスとは、言うならば、成功への片道切符なのだ。往復券ならば意味がない。行ったら戻ってこない気持ちで、挑んでいかなければならないのだ。

 それは大事なものを犠牲したとしてもだ。失敗して人生を棒に振るなんて、それこそ覚悟の上でなければならない。そして、そうしたチャンスは回ってくるのではない。当たり前にやってくる日常の中で、自らチャンスを作り上げていくのだ。少なくとも私はそうして、自らの人生を切り拓いてきた。

この記事は有料読者限定です

続きは、1678文字あります。

下記からメールアドレスを入力し、有料登録することで読むことができます

登録する

すでに登録された方はこちらからログイン

読者の方にはこんな内容を直接お届けしてます。

ニュースレターを受け取れるだけでなく、特別動画配信、オンラインミーティング、オフ会イベントなどのサービスも充実しています。
完全プレミアレター「大きな声では言えない話」
有料限定
沖田臥竜、ドラマ『インフォーマ』の舞台裏を語る 最終回【動画】
誰でも
小説『死に体ーDead bodyー』第2話(著・沖田臥竜)
有料限定
沖田臥竜、ドラマ『インフォーマ』の舞台裏を語る Vol.2【動画】
誰でも
沖田臥竜、ドラマ『インフォーマ』の舞台裏を語る Vol.1【動画】
誰でも
小説『死に体ーDead bodyー』第1話(著・沖田臥竜)
読者限定
仕事に変える哲学
有料限定
2023年芸能トピックー燃え盛る篠田麻里子さんの裏側
有料限定